地震について

【大規模な地震について】 1.東海地震注意情報が発表されたり、警戒宣言が発令(東海地震予知情報が発表)された場合は、授業は行いません。 (1)在宅時 → 来塾しない。 (2)来塾・帰宅時 → 原則として帰宅する。 (ただし状況によっては指定避難場所等、安全な場所に避難する。) (3)在塾時 → 講師の指示に従い、安全に留意して速やかに帰宅する。 2.塾の【再開】は、以下のようにする。 ただし、交通機関・通信手段の途絶などにより来塾できない場合は、安全が確認できてから登校する。 (1)東海地震注意情報の解除が発表された場合は、原則として解除発表の翌日から授業を再開する。 ただし、テレビ、ラジオ等報道機関から県教育委員会の情報が伝えられた場合は、それに従う。 (2)地震災害に関する警戒解除宣言が発せられた場合(東海地震予知情報の解除情報が発表された場合)は、原則として解除発表の翌日から授業を再開する。 3.東海地震等大規模地震が発生した場合は、授業、学校行事は行わない。 ここでいう大規模地震とは、当塾において強い揺れを感じ、周辺地域に家屋の倒壊・火災・交通機関の途絶などが予想される場合(目安として名古屋市緑区において震度5強以上の地震が発生した場合)、又は県内に震度6以上の地震が観測され、県が第三非常配備体制を発令した場合をいう。 (1)在宅時 → 来塾しない。 (2)来塾・帰宅時に地震が起きた場合 → 安全確保を最優先し最寄の避難所に非難する。 (3)在塾時に地震が発生した場合 → 通学路の安全を確認し帰宅する。 ただし、通学路の通行が危険と認められる時や、自宅が被災した場合など自宅に帰れないと予想される場合は、最寄の小・中学校に待機する。 (4)東海地震等大規模地震発生後は、必ず塾へ被災状況等を連絡する。 4.東海地震等大規模地震発生後の授業の再開は、通学路・交通機関・塾校舎の被災状況を考慮して決定する。 その場合、塾から再開の日時を伝える。 被害が甚大な場合、授業再開については次のような手段で連絡する。 (1)災害用伝言ダイアルによる伝達 ※伝言を聞く場合 171→2→052-896-0511→1→♯ (携帯電話からでもOK) ※伝言を残す場合 171→1→052-896-0511→1→♯ →録音「グリーンセミナーです。○○校の生徒はみんな無事に☆☆学校に避難いたしました。お迎えに来られる方は、お越し下さい。」 →9→♯→終了 ●1回線で10伝言録音可能 ●1件30秒以内 ●録音保存期間48時間(2日間) (2)各地の避難所等への掲示 (3)テレビ、ラジオ等報道機関による報道 

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0120-37-6733 受付時間11:00~20:00(月~金)

カウントダウンタイマー
PAGETOP
Copyright © 株式会社グリーンメイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.